SUPERGIRL Villains

スーパーマン(カル=エル)と同じくクリプトン星からやってきたいとこ、ゾー=エルことスーパーガールの活躍を描いた海外ドラマ「SUPERGIRL」に登場する女悪役を紹介します。ちなみに、スーパーガールは一般の女性としてはカーラ・ダバース(演:メリッサ・ブノア/Melissa Benoist)。2014年の映画「セッション」の主人公の彼女を演じていたあの子です。


Livewire-Brit-MorganLIVEWIRE

ライブワイヤー。人間の名はレスリー・ウィリス(Leslie Willis)。演じるのはブリット・モーガン(Brit Morgan)。
第5話に登場。主人公カーラと同じメディア会社に勤めていたが、スーパーガールについて批判したことで、降格され、交通情報担当になった。その後、ヘリに乗って仕事中に雷に打たれ、ライブワイヤーとなってしまう。

5話より。スーパーガールが墜落しそうになったヘリから助けた瞬間、スーパーガールを伝って雷に打たれ、体が変貌した。髪の毛が白色になり、全体的にドギツイ印象に。雷属性の為、電撃攻撃が得意のようだが、最後は水道管の水をスーパーガールに浴びせられ、漏電して気を失う。弱点すぎる弱点だろ。雨降ったら行動できなかったりするだろうし。その後彼女は収監される。


italia-ricci

SILVER BANSHEE

シルバーバンシー。人間の名はシオバン・スミス(Siobhan Smythe)。演じるのはイタリア・リッチ(Italia Ricci)。
第17話に登場。カーラと同じ職場に雇われるが、厄介な存在となる。不注意により屋上から落下したが、叫び声をあげたところその音波で命が助かる。特殊な能力に目覚め、シルバーバンシーへと変貌する。

第18話より。捕らわれていたライブワイヤーを、大音声から発する音波で助け出し、一味となってスーパーガールを襲う。また、街中で破壊の限りを尽くす2人。スーパーガールが現れたものの、2人の攻撃に苦戦する。しかし、一般の消防隊が、電気の力を利用し浮かび上がったライブワイヤーに向けて放水し、またもや漏電により地面へ落下し倒れる。同じく暴発した電撃がシルバーバンシーに当たり、同じく地面に倒れこみ気を失う。


1280w

INDIGO

インディゴ。演じるのはローラ・ヴァンダーヴォート(Laura Vandervoort)。インターネットを経由して移動する強敵。クリプトン星の民を裏切り、刑務所フォート・ロズ送りになっていた、意志を持つスーパーコンピューター。
第15話に登場、その後19話、20話と再登場する。人間ではないため、体をが細かい粒子へバラバラにすることができる。

15話より。スーパーコンピューターの為、あらゆるネットワークに接続されているものから、実態を現すことができるらしい。当初は人間の姿でラップトップに現れ、そのままスーパーガールを襲う。全身青い皮膚に赤い髪の毛、大変恐ろしい表情である。スマートフォンからも侵入できるらしく、核管理施設へ、管理者のスマホを通して姿を現し、カギを奪う。人間ではないため、手をダルシムのようにぐいーんと伸ばし、2つの離れた鍵穴に核弾頭起動装置のキーを差し込み起動する。おでこには逆三角形の角に赤い光るパーツがついている。発射された核ミサイルはスーパーガールによって阻止され、怒る。最後は、体内にウイルスを侵入されたようで、明かり粒子に体が分解し姿を消した。その後謎の施設で、謎の男性によりパーツとなって集められる。

20話より。ジョン・ジョーンズというキャラに、体を真っ二つにされます。かなり苦しんでいる表情をしています。最後は、おでこの赤い3つの光も消え、起動停止したようです。


SUPERGIRL Villainsへの1件のコメント

  1. nana コメント投稿者

    欧米のドラマや映画には疎いので、貴重な情報ありがとうございます。
    日本もこういう敵女が登場するドラマや特撮がもっと増えてほしいですね。

    そういえば隈本裕美さんというアクション女優さんのツイッターで女戦闘員について語っていて、こんなに誠実にヤラレ演技に向き合ってくれていたんだと、ちょっと感動しました。新作には橋元優菜さんも出演されてるみたいなので個人的に楽しみです。

    • ayo コメント投稿者

      隈本裕美さんはTwitterで注目していました。橋元優菜さんも久しぶりに登場されるようで。撮影が先日終了したようで、東村宗介監督のブログでもZEN新作の話題が登場していますね。