悪のヒロイン19コマ劇場◆動物戦隊ジュウオウジャー◆ナリア◆背後からジニスに攻撃され、上半身を貫通、爆死

第47話・最後のゲーム/最終話・地球は我が家さより。
第47話で、サジタリアークの矢が刺さりジニスの細胞が地球に注入され始める。様子を見に来たナリアは、ジュウオウジャーたちと対峙するわけだが、ワイルドトウサイドデカキングに乗り込み、矢の管を破壊しようとする。ナリアは、自らコンティニューメダルを噛み砕き巨大化し、ワイルドトウサイドデカキングを妨害。しかし、ジュウオウドデカダイナマイトストリームを空中でくらい、地上に落下し爆発。雑な感じで、深く掘り下げることなく退場か!?とと思われた。
しかし、最終話、シン・ジニスに地上に降り立ち、ジュウレンジャーと戦っている中で、ジニスの正体について大和に明らかにされると、ちゃっかり負傷した状態で登場。なんと生きていたのだ。正体がメーバの集合体であることを暴かれたジニスをかばい、ジュウオウジャーと戦おうとしたところ、ジニスの攻撃を背後から受ける。ジニスを思い、起こした行動が、逆に怒りをかってしまい、今までの忠誠もむなしく殺害、爆死した。
47話でのヤラレがあまりにもあっけなかった、雑に扱われた、何の為の1年間ジニスに尽くしてきたんだという印象でしたが、(ただしヤラレ声は良かった・・・)、オフィシャルでナリアの紹介ページが出ないことから、もしかしたら、最終話で再登場するか?と思いきや、巨大から解除された状態でやはり再登場。東映の公式でもナリアが47話で死んだと思われた方への謝罪文あるくらい。
ナリアは、ストーリー途中で、ジュウオウジャーたちに助けてもらった事が何回かありますが、全く動じず最後までジニスに忠誠を誓った行動でした。しかし、ジニスの正体を知った後、ジニスを思ってとった行動が、「同情」ととられ、あっけなく葬り去られました。所詮ジニスはナリアの気持ちなど考えたこともなく、ただのコマだったんでしょう。このジニスとナリアの行動が、ジュウオウジャーを奮い立たせ、最後の闘いに勝利を収めたのかもしれません。
事実上、ヤラレは、巨大化時も含め2回観られたことになると思いますが、このような形でしっかりとヤラレてくれたことは久しぶりに地上波戦隊シリーズとしては良かったのではないでしょうか。最後はヴィラン側からのトドメでしたが。



コメントは受け付けていません