(GIGAdb) 悪の女幹部絶体絶命 ~哀しき女幹部の最期~


出演者

(隠れ族)三神冴 (マハメス)美咲結衣 (フィレ)みおり舞 (ドルチェ)水原あお

レビュー

「女幹部ヒーロー集団凌辱 ~弄ばれたチャージドラゴン~」の続編だが、今回は、女幹部のヤラレが主体となっている。前回登場した3人に加え、緑色の名前不明な女幹部が登場。こちらは序盤でマハメスとフィレが新たに登用した「隠れ族」であると話をしている。あまりよく聞き取れないのでおそらくそのような名前である。

こちらの幹部は、基本的にアクション重視。セクシー場面は無く、序盤にヒーローと戦ったのち、退散したあげくにピンクとホワイトに見つかり、激闘を繰り広げるものの、倒される。ヤラレアクションは長く、たっぷりと見せ場があるので、女幹部ヤラレファンはかなり楽しめるのでは。コスチュームも、ハイレグへそ出しで、鼻か以下を覆うフードをしている。メイクはかなり濃く、目の周りほとんど黒塗り。おかげで眼光が強調されて案外表情がわかりやすい。

で、演じているのは「三神冴」さんであるが、こちらは、他に出演作品が一切なく、女優としてもそのような名前の方は検索しても出てこなかった。しかし、アクションの切れや声、そして顔から、おそらくGIGA・ZENでは有名な「藤○」さんであると思われる。ダウンロード作品に登場するのは久しぶりである。

最期は、ピンクとホワイトの必殺ダブルパンチを顔面にくらい、倒れる。倒れる間際に、「気持ちいい」とちょっとセクシーにつぶやいてから倒れ、爆死。その異様な死に方に、2人のヒロインは疑問を持つ。

お次は、フィレ。こちらは、パワーで肉食系の女幹部で、ヒーローをとにかく「食いたがる」ビッチ幹部。途中で、ブラックにやられそうになると、惑わすためビキニアーマーを脱ぐ。何という変態ぶり。しかし、その甲斐虚しく、ドラム缶にたたきつけられ、パンチを何度も食らう。アッパーカットがあったのが良かった。んで、ソードで斬られ、ヤラレてしまった。その場を去るブラックだったが、背後でフィレが立ち上がり、自慰を始めた。そしてイったと思ったら爆死した。またもや不可思議なデッドエンドとなってしまう。

演じるみおりさんは、とにもかくにも安定。役柄をよく理解され演じられており、アクションもしなやか。上半身裸でのヤラレというありえないシチュエーションだが、見事なヤラレであった。この方、今どきのAV女優さんにしてはおっぱいは微乳ですが、そこはビジュアルや演技力に自信があるのでしょうし、それが発揮された作品でした。メイクは、パッと見あまりに見えるが、意外と濃いめのメイクをされており、肉食系肉弾キャラにピッタリでした。

続いてドルチェ。一応、4人の中では一番出番が多いキャラですが、女幹部的には残念でした。やはり他の3名と比べるとアクションやヤラレがぎこちないのと、コスチュームにちょっと難あり。メイクが普通のメイク。小悪魔系という設定ですが、それにしても他の3人より扱いが良すぎるか。しかしながら、ブルーとの闘いで、何かいも剣で斬られるあたりとか頑張っています。最期は、ブルーに「わたしのアクメをみて」と懇願し、ひとしきりイったあとぶっ倒れます。爆死は無く、エンディング後に、悪の怪人たちにレ○プされます。当作唯一のSEX場面です。

最後にマハメス。GIGAではおなじみのキャラですが、今回美咲結衣が演じ、コスチュームは谷間が強調されていて良いですね。こちらもはレッドと激しいバトルを繰り広げます。スカートがめくれ上がり、真っ赤なパンツがチラチラと見えるところがそそられます。腹や顔にパンチをくらいまくり、戦闘シーンは長めです。床に倒れ込み乱れる白い髪、トドメをさせれようとしたところ、レッドに命だけはと懇願し、何とか助かります。「もう地球には二度と来ないから」と哀れなマハメス。しかし悪のボスに「裏切ったな」と逆鱗に触れ、電撃攻撃をくらい絶命する。こちらは、絶命の際に気持ちいいとかいってオナニーする場面は無し。メイクも濃い目で、演技力も高く楽しめる女幹部の最期でした。

さて、4名の女幹部が登場し、すべてヤラレた当作ですが、やっとかなり理想に近づいた作品であったと感じました。ありがとうGIGA。で、ぜひ継続して出してほしいシリーズなんですが、今後もあるのであれば、以下のような展開を期待。まず、コスチューム破壊。他のヒロイン作品では、よくある表現なのに、今作ではブレイク表現一切なし。もったいぶらず思いっきり破壊→露出してほしい。もう一つ、形態変化。ヒーローたちにかなわないとなった時、真の姿を現す、あるいはパワーアップする、あるいはモンスター化するなど(マリアや、ビシュム的な。ただしマスクオンはしない)を期待。


GIGA作品ページへ

このギャラリーは、59 枚の画像があります  写真 他