• カテゴリー別アーカイブ 女幹部
  • ビシュム


     

    • 仮面ライダーBLACK(1987)
    • ゴルゴム
    • 女幹部
    • 大神官→大怪人
    • 演:好井ひとみ

    各種評価

    • アクション   ★★★★
    • セクシー    ★★★★★
    • コスチューム  ★★★★★
    • メイク     ★★★★★
    • 役柄設定    ★★
    • 逝きザマ    ★★★★★

    コメント

    • 当初はケープに包まれた大神官だった。この時は白ベースの顔メイクのみ。その後シャドームーン復活の為地の石を失ったため翼竜の大怪人へと戻る。飛行できたり、両目からの灼熱光球、高速回転など、アクションが強化された。第45話でシャドームーンの放ったビームに貫かれ死亡。雑誌やブルーレイ座談会等で、演じた好井ひとみさんの逸話がうかがえる。大怪人となった後は、すべてにおいて特撮悪女としては最高級。皮膚の露出は無いが、恐竜の口をかたどった胸、クリアなマスクなど、セクシーな要素がちりばめられている。最期も、演者好井さんがそのまま演じたやられっぷりは、現代の特撮ではもはや不可能であると思われる。

  • 地帝王子イガム


     

    • 光戦隊マスクマン(1987)
    • 地底帝国チューブ
    • 女幹部
    • 演:浅見美那

    各種評価

    • アクション   ★★★
    • セクシー    ★★
    • コスチューム  ★★
    • メイク     ★
    • 役柄設定    ★★
    • 逝きザマ    -

    コメント

    • 男性として育てられる設定の為、セクシーさはあまりない。双子で、妹はイアル姫。終盤ではチューブを離反。そのためヤラレなし。

  • リッキー


     

    • 時空戦士スピルバン(1986)
    • ワーラー帝国
    • 女幹部
    • 演:西脇美智子

    各種評価

    • アクション   ★★★
    • セクシー    ★★★★
    • コスチューム  ★★★★
    • メイク     ★★★
    • 役柄設定    ★★
    • 逝きザマ    ★★★

    コメント

    • 女戦士。第36話にて、守護神ワーラーの怒りを買い、四つん這い状態で石化し、「リッキーチェア」となってしまう。メイクや髪型が、86年にしては何となく先進的であると思う。

  • ファラ


     

    • 超電子バイオマン(1984)
    • 新帝国ギア
    • 女幹部
    • 演:飛鳥裕子

    各種評価

    • アクション   ★★★
    • セクシー    ★★★★
    • コスチューム  ★★★★
    • メイク     ★★★★★
    • 役柄設定    ★★★
    • 逝きザマ    ★★★★

    コメント

    • アンドロイドという設定で、ドクターマンの忠実な部下である。最期は49話で、戦闘機を撃墜され、瀕死の状態で基地に帰還後、ドクターマンに報告を告げたところ、階段間際で力尽き転落し爆死。コスチュームは、改造前と後で2種類存在。銀と赤を基調とし、また透明ナイロンを多用しロボットをイメージ。肌の露出は少ないが、またの部分だけ透明でレオタードが見えていたりと、ならではのエロさがある。またメイクも白塗りに悪にふさわしいドギツイメイクがすばらしい。飛鳥裕子さんはポルノ女優で多くの作品に出演。

  • レー・ネフェル


    • 超新星フラッシュマン(1986)
    • 改造実験帝国メス
    • 女幹部
    • 演:萩原さよ子

    各種評価

    • アクション   ★★★★
    • セクシー    ★★★★★
    • コスチューム  ★★★★★
    • メイク     ★★★
    • 役柄設定    ★★
    • 逝きザマ    ★★★★

    コメント

    科学戦隊ダイナマンにて立花レイを演じていた萩原さよ子が、当作では悪の幹部として登場。30話より妖獣士ネフェルーラとなるが、かわいかったたネフェルーラ凶暴態へと変化した。肌の露出は少ないが、ヒョウ柄のタイツと機械的なアーマーという左右非対称のコスチュームで、体のラインもよくわかる。そのため、セクシーさは高い。


  • 副官シーマ


     

    • 電撃戦隊チェンジマン(1985年)
    • 女幹部
    • 演:藤枝かな

    各種評価

    • アクション  ★★★
    • セクシー   ★★★
    • コスチューム ★★★
    • メイク    ★
    • 役柄設定   ★
    • 逝きザマ   -

    コメント

    • 52話まで、声が男性の声。52話から本人の声。終盤はゴズマを離反し、チェンジマンとともに戦う。

  • 女王アハメス


    • 電撃戦隊チェンジマン(1985)
    • 大星団ゴズマ
    • 女幹部
    • 演:黒田福美

    各種評価

    • アクション   ★
    • セクシー    ★★★★
    • コスチューム  ★★★
    • メイク     ★★★★
    • 役柄設定    ★★
    • 逝きザマ    ★★★

    コメント

    • 衣装は前半と後半で違います。大星団ゴズマ 制圧されたアマゾ星 の女王という設定。最期は宇宙獣士にさせられるが、自らの力で分離、チェンジマンの秘密基地を爆破して自爆。露出は少ないが、女王という設定からくる高貴な性格、意外と少ない顔面メイク、白を基調としたウィッグ、メイク、衣装が良い。

  • 王女キメラ


     

    • 科学戦隊ダイナマン(1983年)
    • ジャシンカ帝国
    • 女幹部
    • 演:香野麻里

    各種評価

    • アクション  ★★
    • セクシー   ★★★
    • コスチューム ★★★
    • メイク    ★★
    • 役柄設定   ★★★
    • 逝きザマ   ★★

    コメント

    • 本編では、29話「キメラの呪いの服」で、海にて海水浴中に衣装を奪われ、ヒロインレイに着られるというありえないストーリーが有名。最期はダイナロボに破壊され燃え落ちるグランギズモの中でメギドと名を呼び合いながら爆風に巻き込まれ死亡した模様。見せパン的なスカート、そして中の黒いパンツが良い。