• タグ別アーカイブ: ヤラレなし
  • (GIGAデータベース) 妖艶小悪魔女幹部 ヒーロー凌辱

    出演者

    (ヒルダ)白咲碧(ヒロインピンク) 春日野結衣

    レビュー

    まさに小悪魔な女幹部ヒルダ。Mっけの強い男性の方ならどストライクでしょう。一切ヤラレ表現はありません。なので卑劣・冷酷な女幹部をコテンパンに倒してヤラレが見たいドSな男性の方にはいまいち楽しめないかなと思います。

    ヒーローのレッド、チャージドラゴンを誘惑し、ヒロインのピンクを小さくしてガラスの瓶に閉じ込め、それを見ながらチャージドラゴンの股間を攻まくります。本番での射精は無く、手コキによる射精と、チャージドラゴンの潮吹きが楽しめます(?)。

    ヒロインのピンクはあっさりとガラスの瓶ごと割れて死亡。一旦エンディングの後、街角ビジョンにて、磔にされたチャージドラゴンをおもちゃのようにいたぶる様子がライブされるという。

    白咲碧いい体しております。ロリ顔ですし小悪魔幹部としては超優秀です。悪役メイクはほぼ無。コスチュームは露出が多く、紫を多用しかなりセクシーです。腕付近の黒いバラをあしらったような透けるレース状の生地はあまり好きではありませんが。


    GIGA作品ページへ

    このギャラリーは、8 枚の画像があります  写真 他

  • (GIGAデータベース) 全裸ヒロイン 純情仮面 第二話 ~KAWASEMI~

    出演者

    (純情仮面/コードネーム KAWASEMI)鳴月らん
    (茅羽霧子/マダムパピヨン)広瀬奈々美

    レビュー

    第一話に続き、マダムパピヨンは広瀬さんが演じてます。コスチュームは同じです。
    本作でもマダムパピヨンの最終ヤラレはありませんが、途中でヒロインにスキを突かれ、腹にエルボーをくらい嘔吐するという場面があります。ここがパピヨンのヤラレ場面として良かったとこです。

    前半では、前回倒したSEKIREIから奪ったマスクをかぶり変装して学園の男をレイプしまくるマダムパピヨン。エロいです。バトルシーンではマダムパピヨンが化けている偽物VS本物純情仮面KAWASEMIが対峙し、ヒロインにマスクを剥がされます。なかなかいい場面です。

    その後は、ヒロインがあらゆるドミネーション、屈辱を受けます。好みが分かれると思いますが、比較的重い凌辱が好きな人はいいとおもいます。当作の押しは、リアル失禁とマスクを剥がしそうで剥がさない、「剥がしじらし」です。楽しめるポイントであることは間違いありません。


    GIGA作品ページへ

    このギャラリーは、8 枚の画像があります  写真 他

  • (GIGAデータベース) 全裸ヒロイン 純情仮面 第一話 ~SEKIREI~

    出演者

    (純情仮面/コードネーム SEKIREI)有本紗世
    (茅羽霧子/マダムパピヨン)広瀬奈々美
    他:鳴月らん

    レビュー

    ピンクのボディコンで登場する熟美女PTA会長が、マダムパピヨンで、純情仮面たちをいたぶります。

    黒いレザーの女王様コスチュームで、ヒロインのマスクを鼻まで剥いで、キスしたり、股間を押し付けたりします。

    コスチュームはいたって普通で、あんまり特撮感はありません。途中、ヒロインにおばさん呼ばわりされてブチ切れるところは悪女を侮辱した感じでいい表情です。最後は逆さづりの状態で、自ら手マンし潮を手とマフラーにかけます。顔にかけてほしかったな。そのあと、逆さづりで手マンされて、自らの潮が顔にかかる場面は見どころです。これは六機監督らしい絵です。しかも白目の状態だし。

    女幹部のヤラレは無し。


    GIGA作品ページへ

    このギャラリーは、8 枚の画像があります  写真 他

  • 地帝王子イガム


     

    • 光戦隊マスクマン(1987)
    • 地底帝国チューブ
    • 女幹部
    • 演:浅見美那

    各種評価

    • アクション   ★★★
    • セクシー    ★★
    • コスチューム  ★★
    • メイク     ★
    • 役柄設定    ★★
    • 逝きザマ    -

    コメント

    • 男性として育てられる設定の為、セクシーさはあまりない。双子で、妹はイアル姫。終盤ではチューブを離反。そのためヤラレなし。